「探偵学校」を検索してみれば、探偵として有名なあの企業も、まったく聞いたことのないようなこの企業も探偵学校を開校しているのを見かけます。人口比率の高い都市部ほど、それだけ探偵という職業に興味を持ち、なってみたいと考える人が多いということなのか、探偵学校はよく開講されています。
一口に探偵学校と言っても、形態は様々です。見れば見るほど、探偵学校はどこを選べばいいのか悩む。そんな人もいるかもしれません。

では、「探偵になりたい!」「探偵の知識を詳しく習得したい。」こう考えた時、探偵学校をどんな基準にあてはめて、選べばよいのでしょうか。当サイト探偵学校情報ネットで、それを解説したいと思います。

どんな条件の探偵学校を探しているのか。目的や条件によって探偵に必要な知識を学べる探偵学校にも、向き不向きがあります。
例えば、スクーリングメインの探偵学校の場合、探偵学校に通学する必要があり、時間のやりくりを上手にしなくては、学校や会社との両立は難しくまります。通信教育では、学ぶ時間の融通はききますが、知識メインで実地を学べないところもあれば、スクーリングと通信教育のいいとこ取りをした、実地はスクーリングで行い、通常授業はネットで行う探偵学校も存在します。
探偵学校の中には、卒業後、自社に就業してもらうことを目的とした探偵学校も存在すれば、独立開業コースを設置したところもあります。探偵学校を選ぶ際には、まず自身の目的をはっきりさせることから始める必要があります。

目的を決めたら、情報収集を始めます。探偵学校と言っても、しっかりと探偵の知識や技術を教えてくれるところから、探偵に関連しそうな法律ばかりを教えて、他には何も教えてくれない。そんなところもあります。いくつか探偵学校をピックアップしたら、その学校の評判や講義内容、特徴などを調べることが大切です。


探偵に必ず必要な事とは

探偵にとって必ず必要な事があります。それは技術力です。
探偵学校では探偵に必要な技術力を身に付けることができますが、これにはいくつか注意点があります。

まず、探偵学校によって習得出来る技術には差があるということ。
探偵学校では高校や大学などの教育機関のように、必修課程というものは存在しません。それどころか、探偵学校では履修課程を選ぶことが出来ず、探偵学校で学ぶ探偵の技術は、探偵学校の運営側が独断で決めたものです。

探偵という限られた分野では、それほど必要とされる知識や技術が多いとは言えませんが、それでも探偵学校によって学べる技術に差があるということは、探偵学校を選ぶ前に知っておいて損はありません。


探偵学校の学費

大学や専門学校などでは、入学時に入学金と一年間(または学期ごと)の学費を学校へ納めます。
入学金と学費を合せて百万円以上する学費を納めなくてはならない私立の学校もあり、大学へ進学する人はその金額も気になると思います。

当然ですが、探偵学校で探偵に必要な勉強もタダではありません。学費に該当する一定額の金額を探偵学校の運営に支払うことになります。

この学費は大学などと比べて遥かに安い金額ですが、探偵学校によって学費に違いがあるのは、大学などと一緒です。

大抵の探偵学校へ納める金額は数万円程度なので、大学に納める学費よりも負担は小さいです。
ただし、これから探偵として起業することを考えると、調査に必要な機材や事務所の維持費など、コストを考えて探偵学校へ支払う金額にも気を配ることが大事です。


起業の準備を始める

探偵学校で探偵に必要な知識と技術を身につければ、探偵事務所や興信所に就職する際、有利になります。
ある程度、調査技能を持つ人が、調査員として就職してきてくれることは、探偵事務所も歓迎するところです。

しかし、せっかく身につけた技能です。すでにある探偵事務所や興信所で調査員として働くのではなく、自分で探偵事務所を立ち上げて探偵として働いてみたいと思っている人もいるはずです。

探偵学校へ通う人の中にも、将来的には探偵事務所を起業することを目指して探偵学校へ通っている人も少なくないといいます。
そのため、探偵学校に通って探偵に必要な知識と技術を身につけると同時に、起業に必要な資金集めや個人事業主としてやっていくためのノウハウを同時に勉強する人もいます。

探偵学校へ入学して探偵を目指すなら、その先を視野に入れた準備を始めることも大事です。


これが興信所の仕事
興信所の仕事は、考えている以上に役立ちます。興信所の仕事を紹介しています。